気づいて築くバレーボール

ホーム>コラム>ひたむきに

コラム

ひたむきに

もうお亡くなりになられたのですが、帝国ホテルの重役に、今までに例のない、帝国ホテル初のケースで、コックさんから重役になった村上さんという方がおられました。
16才で就職された村上さんの始めの仕事は「鍋磨き」から始まったそうです。全ての新人が、2年~3年は洗い場だけ、という厳しい世界でした。村上さんはその当時「日本一の鍋磨きになろう」と決意したのだといいます。当時、調理用の鍋は全て銅製で、村上さんが磨いた鍋は鏡のように光り、人を写すほどでした。村上さんの鍋は本当にピカピカだったそうです。
先輩の料理人は自分の味を盗まれないように、鍋には洗剤や石鹸をドンと入れて洗い場に送ってきたそうですが、それが、3ヶ月ほどたったときに、「今日の鍋洗いは誰だ」「ムラです」「そうか」と、村上さんの時だけ洗剤を入れずに鍋が返ってくるようになったとのこと。他の人の時は相変わらず洗剤が入っていたらしいのですが、村上さんだけは鍋に付いたソースをなめることを許され、先輩の味付けをひそかに学んで行った、というのです。日本一の料理人重役の出発点は、ピカピカの鍋磨きからでした。
今、目の前にあることに、120%の力で取り組むことによって、結果として20%のお釣りが戻ってきて、自分の人生を作りあげ、ひいては帝国ホテル初めての、コック長から重役への昇進を果たすことになりました。

自分の置かれた立場の中で、不平不満を言い、それだけの仕事しかしなければ、おそらくそれだけのもの、いやそれ以下のものしか返ってこない。要求されたことに対して、ひたむきに120も150も取り組むことの大切さを、日本一を極めた村上さんのエピソードから学ぶことができます。余分に返したものが、結局自分の人生を組み上げていくとこになるのではないでしょうか。

参考:こころの遊歩道(小林正観)

ページのトップに戻る