気づいて築くバレーボール

ホーム>気づいて築くバレーボール教室

気づいて築くバレーボール教室

気づいて築くバレーボール教室について

様々な人の応援の声を受け、2007年4月2日より、本郷真也ブランドの「気づいて築くバレー教室」がスタートしました。対象は主に中学生女子ですが、やる気のある男子、妹、弟も大歓迎です。

この教室への僕の思いは、「心、技、体」を育むところではあるのですが、参加する子供達がワクワクして来てくれるようなものにして行きたいと考えてます。

よく子供達にPLAYって言う意味について、話しをします。みんなPLAYって直訳するとどういう意味や?って聞くと「遊び」と答えが返ってきます。そうやスポーツは遊びなんや!ただ遊び言うたら、ドッチボールも鬼ごっこも遊びなんやけど、スポーツはちょっと違うねんな~。何やと思う?って聞くと子供達は困ってしまいます。しばらくして答えを言います。スポーツはな、体育館とかグラウンドとか道具がいるねん。それから審判もいるし、お父さん、お母さんの協力もいるねん。そやから、ドッチボールや鬼ごっことちごて、ちょっと真剣に取り組まな、協力してくれる人に対して失礼になってしまうわなっ。ただコワイ顔してやれ言うてんのんちゃうで、人が一生懸命、真剣に取り組んだら何が生まれるか分かるか・・・?
それはな。。。見てる人が感動するねん。ほんで応援したくなるねん。でっ・・・どうせスポーツやるにゃったらそんなPLAYをしたいし、そんなPLAYERになりたいと思わへんか?
こんな感じで説明して行きます。。。

まだまだ模索状態なので、これから色んな人の協力も得ながら、良いものにしていきたいです。

最後に今回立上げに協賛して頂きました㈱モルテンさんには、この場を借りて厚くお礼申しあげます。「ありがとうございました。」

ページのトップに戻る